▼こちらから商品検索ができます▼





<< 龍馬伝 第三話 偽手形の旅 偽手形明るみに! | main | NHK龍馬伝 第4話 江戸の鬼子小町 感想 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

NHK竜馬伝 第4話 江戸の鬼小町



1853年の春、土佐を旅立ち江戸に向かった坂本竜馬と溝渕広之丞はおよそ一カ月かけて江戸に到着しました。

江戸につくと竜馬は紹介所を持って、当時鏡新明智流や神道無念流などと並んで江戸で有名な道場であった北辰一刀流を教える千葉道場に向かいました。

道場主は千葉定吉でありましたが、実務を切り盛りしていたのは長男の重太郎というご仁。

龍馬が門弟に加えてほしいとお願いすると、彼は「それじゃ、ちょいと筋のほどを見せてもらおうかな。佐那、お前が相手をしなさい。」

重太郎が声をかけたほうを龍馬が見やると、加尾と同じような年頃の娘が身支度を始めるではありませんか。

「えっ、女ごと手合わせ?」と龍馬は驚いてしまいますが、これがまためっぽう強い。

いや、まったく歯が立ちません。

武市道場で磨き上げた腕にかなり自信があった龍馬でしたが、佐那の前では赤子も同然、防戦一方で攻撃することすらできない体たらく。

こんなはずはないと龍馬は「もう一度お願いします」と何度も勝負を挑みますがすべて徒労に終わってしまうのでした。

それもそのはず、佐那は赤子のころから千葉定吉が剣を仕込んだ千葉道場の最終兵器、井の中の蛙である龍馬などとは違い実戦経験が半端ではありません。

これが千葉道場の鬼小町という異名をとった佐那と龍馬の初めての出会いでした。

道場の中で佐那を負かす人間など誰もいませんでしたが、龍馬に負ける人間も誰もいません。

自分の弱さを徹底的に見せつけられた龍馬はその後剣術修行にのめり込んでいくのですが、この後とある事情で剣術の修行に疑問を抱くようになります。

それは・・・・。

関連商品はこちら⇒坂本龍馬

【芋焼酎ギフトセット】龍馬(りょうま)500ml2本組合セット贈りものやプレゼントにも!父の日・敬老の日・誕生日プレゼント・のし対応・名入れ・メッセージカード無料【龍馬伝】【坂本龍馬】【坂本竜馬】

at 14:23, 龍馬, NHK 龍馬伝 ストーリー

-, -, pookmark

スポンサーサイト

at 14:23, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark