▼こちらから商品検索ができます▼





<< NHK龍馬伝 第4話 江戸の鬼子小町 感想 | main | 吉田松陰名言集の紹介 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

NHK龍馬伝 第五話 黒船と剣



龍馬が江戸へ修行に出た1853年は、奇しくもアメリカの大統領から日本への親書を携えたペリー率いるアメリカ艦隊が浦賀に現れた年でもあります。

ペリーの来航については事前に江戸幕府には伝えられていましたが、幕府はその対応に混乱するばかりで方策を立てることができず、ずるずる延ばしでその時を迎えてしまったのです。

ですから、末端の武士たちには寝耳に水、全く知らされていなかったことでしたから、黒船を目の前にしたした人々は大いに驚き、浦賀には火事場の野次馬のようにたくさんの人垣ができたということです。

また、対応に追われた浦賀奉行もたまったものではありません。

幕府からは時間稼ぎを命じられるのですが、江戸城ではまだどう対応したらいいか答えが出ていませんでしたので、しどろもどろの対応しかできなかったのです。

「わかった、お前らじゃ話にならん!大統領の親書が受け取れないというなら、兵を率いて江戸城に行く」とペリー総督に脅迫された浦賀奉行は・・・・・



関連商品はこちら⇒坂本龍馬

at 11:16, 龍馬, NHK 龍馬伝 ストーリー

-, -, pookmark

スポンサーサイト

at 11:16, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark