▼こちらから商品検索ができます▼





<< 吉田松陰名言集の紹介 | main | さらば土佐よ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

龍馬伝 遥かなるニューヨーカー感想



坂本龍馬と吉田松陰の名言を集めてみました。

御関心のあるからはこちらからどうぞ⇒坂本龍馬名言集 吉田松陰名言集

さて、前回の遥かなるニューヨーカー、後半で坂本一家のほのぼのとした様子が描写されて心が和みましたね。

また、河田小龍役の リリー・フランキーさんまさしくはまり役でした。あのとぼけたとところといい、弥太郎に「そんなことは金持ちに聞け」とやったあたりはさすがという感じでした。

「龍馬はまこと優しい人間だが、あれは太いぞ。そのうち大きな花を咲かせるに違いない」に対し、龍馬の父親の八平が「その花を(生きて)花を見たかった」と言った時に涙した人もたくさんいたのではないでしょうか。

「黒船を造ったらみんなを載せて世界各国を見て回りたい、小龍先生が言うニューヨーカーという町はどの辺にあるのかのう。プレジデントという人にもあってみたいのう。」

と無邪気に語る龍馬を見て、父親は「こんなうれしい日は初めてじゃ」と涙を流し、人生で最後の楽しい団欒を家族と過ごしていました。

さて、今週末の龍馬伝は「弥太郎の涙」です。あの弥太郎が泣くなんてどのような思いがこもった涙なんでしょうか。

番組開始までにその粗筋を掲載したいと思っています。

では、今日はこの辺で。

関連商品はこちら⇒坂本龍馬

【芋焼酎ギフトセット】龍馬(りょうま)500ml2本組合セット贈りものやプレゼントにも!父の日・敬老の日・誕生日プレゼント・のし対応・名入れ・メッセージカード無料【龍馬伝】【坂本龍馬】【坂本竜馬】

at 17:02, 龍馬, NHK 龍馬伝 ストーリー

-, -, pookmark

スポンサーサイト

at 17:02, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark