▼こちらから商品検索ができます▼





<< 龍馬伝 遥かなるニューヨーカー感想 | main | 龍馬伝第29回「新天地、長崎」予告前半 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

さらば土佐よ



吉田東洋に足蹴にされて失意のどん底にあった武市半平太郎でしたが、ふとしたことから東洋暗殺を考えるようになり、その役を坂本龍馬に託します。

土佐勤皇党に名を連ねていた龍馬は、武市がいつもの武市ではなく、東洋に侮辱を受けて怒りに囚われ、手がつけられない状態になっていることを見てとり、東洋と話をしてくるといってその場をやり過ごします。

吉田邸を訪ねる途中の茶屋で龍馬は弥太郎に会いますが、弥太郎は後藤象二郎の指示で龍馬のお茶に毒を入れてしまいます。

しかしながら、弥太郎は自責の念に取りつかれて「龍馬そのお茶を飲んではいけない」と後藤から持ちかけられた話の一部始終を白状しはじめます。

龍馬は吉田松陰に武市半平太を登城させて任務を与えてくれるように頼みますが、東洋は武市は料簡が狭いとしてガンとして取り合おうとはしません。

そして、武市ではなく、龍馬に城に来ないかと誘いをかけますが、龍馬はこのご時世もはや土佐だけのことを考えているわけにはいかないとして断り続けるのでした。

この時すでに龍馬の胸中には脱藩の二文字がとめどなく湧きあがっていました。

長州に旅をして今は亡き吉田松陰の弟子、久坂玄瑞から「龍馬さんあなたは何を松陰先生から習ったんですか。今はもう実行あるのみなのですよ。」と脳天を一撃されるような言葉をかけられ、龍馬の心は激しく揺すぶられていたのです。

家に帰ると乙女が、「長旅は腹が減るで、母上とお千野さんが作ってくれたおにぎりもってけや。兄上が出してくれた刀もな。」

もうすべてお見通し。

たんすに隠しておいた脱藩の経路が書かれた書付を兄の権平が見つけ、権平は龍馬の脱藩を許すつもりはなかったのですが、すべてはこのお仁王様の取成しによって龍馬は家族から脱藩を許されることになります。

「わしはいつでもおまんのみかたぞ」「ねえやん、ごめんちゃ・・・・」

それでは今晩。

関連商品はこちら⇒龍馬伝

at 15:26, 龍馬, NHK 龍馬伝 ストーリー

-, -, pookmark

スポンサーサイト

at 15:26, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark