▼こちらから商品検索ができます▼





<< 龍馬伝第29回「新天地、長崎」見所 | main | 龍馬伝 新キャラ グラバー(ティム・ウェラード) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

龍馬伝 新キャラ 小松帯刀(滝藤賢一)



龍馬伝に登場する新キャラ、滝藤賢一さん演じる小松帯刀を紹介します。

小松帯刀は、後に長州藩が「薩賊会奸」と罵しることになる引き金になった禁門の変の調整に尽力を尽くした人で、島津国光の側近中の側近として名をとどろかせた薩摩藩の家老。

当時下級武士であった、大久保利通や西郷隆盛に活躍の場を与え道を開かせてやったたいへん人を見る目に超えた人物でもありました。

龍馬伝第29話に出てくるように、坂本龍馬は海軍操練所閉鎖により薩摩藩の庇護を受けるのですが、小松帯刀はこの時勝海舟に坂本龍馬の見受けを依頼されて、大久保利通宛に「坂本龍馬を航海の手先として使う」との旨書簡を出しています。

坂本龍馬などが画策した薩長同盟に賛同を示し、また当時藩内に渦巻いていた長州出兵論に異を唱え、薩長同盟で桂小五郎が西郷隆盛と面会した時には証人としてその密約の場に姿を見せていたと伝えられています。

寺田屋事件で手に負傷をおった龍馬に温かい手を差し伸べ、また日本で初めてといわれている坂本龍馬とお龍の新婚旅行の際には別宅をこの夫婦のために開放してあげたのだそうです。

当時坂本龍馬が兄の権平にあてた書簡の中に「天下の人物と言うべき人に薩摩藩の小松帯刀がいる」という記述が彼の大人物ぶりを如実に言い表していると思います。

よろしければこちらもご覧ください⇒坂本龍馬

at 09:47, 龍馬, 登場人物

-, -, pookmark

スポンサーサイト

at 09:47, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark