▼こちらから商品検索ができます▼





<< 龍馬伝 新キャラ 小松帯刀(滝藤賢一) | main | 龍馬伝 新キャラ 高杉晋作(伊勢谷友介 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

龍馬伝 新キャラ グラバー(ティム・ウェラード)



ティム・ウェラードさん演じる龍馬伝での新キャラ、トーマス・ブレーク・グラバーについて紹介します。

スコットランド生まれのグラバーは、一等航海士を父親に持つ家柄の出身で、上海に渡って貿易商社に勤務していた、日本の鎖国が解かれて長崎が開講されることになると日本でのビジネスを展開するため長崎に移り住見ました。

ここでグラバーは自らの名前を冠したグラバー紹介を立ち上げ貿易事業を手掛けましたが、開始直後はお茶や生糸の輸出によって生計を立てていたようです。

しかしながら、日本国内で佐幕派と倒幕派の対立が明確になり武器の需要が増えてきたことに目をつけて、海外からの独自のルートで大量の弾薬や武器を調達し長州や土佐、薩摩といった倒幕派に武器を供給するようになりました。

このように武器の販売で有名になり、後世の人々から「武器商人」「死の商人」などとよばれるグラバーですが、彼が行ったのはそのように殺伐としたビジネスだけではありませんでした。

後にグラバーは炭鉱の開発をおこなったり、日本に蒸気機関車を導入すべくその運行試験なども行った人で、日本が今このように栄えることになった礎を築いた人でもあるのです。

いずれにしても、もしグラバーが長崎でビジネスを展開していなかったら、日本の近代化はもっと後にずれ込んでいたかもしれませんね。

よろしければこちらもご覧ください⇒坂本龍馬



at 10:14, 龍馬, 登場人物

-, -, pookmark

スポンサーサイト

at 10:14, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark